モモのメモなの
by momopoi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
食べ物
食べるとこ・県央
食べるとこ・県西
食べるとこ・都内
食べるとこ・他県
MUSICA
BOOK
DVD
TV
GAME
EVENT
買い物
いろいろ
IT
SealOnline

検索
タグ
以前の記事
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
more...
Link
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

永井 均

ウィトゲンシュタイン入門

あと猫シリーズを読んでみたい
ぺネトレ「友だちって、必要だと思うかい?」

ぼく「そりゃあ、必要だよ」

ぺネトレ「ぼくは友だちなんかいなくても、平気だよ」

ぼく「ぺネトレは、猫だからさ」

ぺネトレ「人間だって、ほんとうは、おんなじだよ。今の人間は、なにか間違ったことを、みんなで、信じこみあっているような気がするよ。
それが、今の世の中を、成り立たせる為に必要な、公式の答えなんだろうけどね。でも、その公式を答えは受け入れない事もできるものだってことを、わすれちゃいけないよ」

ぼく「猫のことは知らないけど、人間は、自分のことを本当に分ってくれる人がいなくては、生きていけないものなんだよ」

ぺネトレ「そんなことはないさ。そんな人はいなくたって生きていけるさ。それが人間が本来持っていた強さじゃないかな。」

「ひとから理解されたり、認められたり、必要とされたりすることが、いちばんたいせつなことだっていうのは、今の人間達が共通に信じこまされているまちがった信仰なんだ」

「人間は自分のことをわかってくれる人なんかいなくても生きていけるってことこそが、人間が学ぶべき、なによりたいせつなことなんだ」



押井守
僕は今でも、話すべきテーマがない時に他人と話したいとは思わないし、そうする必要を
感じたこともない。言葉がなくても一緒にいられるのは犬くらいなものだ。それでもどこかで
誰かとしゃべっているのは、仕事があるからだ。
仕事上、話をしなければならないことは山ほどある。スタッフと話さないと仕事は進まないし、出資者と話して映画の理解を得なければならないし、マスコミの取材を受けて宣伝してもらわないといけない。(略)
友人にはしたくないような、とんでもないやつらもたくさんいて、でも、仕事だから付き合えるし、
そういう人間も面白いとも思える。
例えば、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーは友人としてはともかく、仕事というフィルターを通すと、これほど面白い人間はいない。仕事はそんな面白い出会いを用意してくれるのだ。(略)
僕には友人と呼べる人はひとりもいない。けれど、仕事仲間ならたくさんいる。友人などほしいとも思わない。仕事仲間がいれば、それで十分だ。
(『凡人として生きるということ』〔幻冬舎新書、123~125頁〕より)

[PR]
by momopoi | 2008-10-23 14:14 | BOOK